飲酒運転の危険性立証実験|神奈川県唯一の自動二輪専門教習所
セパルライディングスクール 橋本

二輪免許なら自動二輪専門のセパル!
神奈川県相模原市緑区西橋本3丁目11番24号
定休日/毎週月曜日
申込受付時間/
平日・土曜 AM9:00〜PM6:30 
日曜・祝日 AM9:00〜PM4:30
飲酒運転の危険性立証実験
仮申込フォームお問い合せ・資料請求教習予約
採用情報 toptop
飲酒運転の危険性立証実験 橋本自動車学校




 
@まずは、飲酒前の状態でシミュレーターを使用してブレーキ操作の反応速度等を測定します。


 
 
Aそして実車にて、一本橋・スラローム走行の実施。


 
 
B「さすが」と思わせる一糸乱れぬ見事な走行。


 
 
Cスラロームも見事な技術で駆け抜けてゆきます。


 
 
Dいよいよ飲酒開始。
今回被験者となった指導員7名は、事前に何をどのくらい飲むか決められています。


 
 
E二輪車では全国でも始めての実験ということで、当日はマスコミの取材も多数ありました。


 
 
F一時間の飲酒後、警察官による飲酒検知の実施。


 
 
G全員、飲酒運転レベルの数値が確認されました。


 
 
H飲酒後、ふたたびシミュレーターにて同様の測定をします。


 
 
Iそして実車にて一本橋走行の実施をしましたが、通常なら2分以上、
一本橋の上でバランスをとっていられる指導員さえ即脱輪。


 
 
Jスラロームも飲酒前とは雲泥の差。パイロン接触や転倒まで。


 
 
K終了後、もう一度飲酒検知の実施。
時間のたったほうが、数値が上がっている場合が多いとのこと。


 
 
L最後に警察署の方を交えて検討会。さまざまな意見が出ました。

 

検討会では、相模原北警察署長の挨拶の後、飲酒前後に測定したシミュレーターの数値の発表(ほぼ全員が飲酒前よりも飲酒後のほうが反応速度の数値が悪化)や実車走行時の運転感覚の違いなどの話のほか、今回被験者となった指導員のほうから感想として、「自分では酔っているつもりは無かったので、もっと(普通に操作)できると思った。」や「頭では分かっているが、体が言う事をきかない。」などといった感想が出された。
警察官の方から飲酒運転は、危険に対する反応速度や平衡感覚などに大きな影響を与えるので絶対に飲酒運転をしてはならないということを広く周知させて欲しいというお話があり、セパルライディングスクールのほうも、今回の貴重な体験を実体験として教習のほうへ取り入れ、生徒1人1人に十分に伝えて行きたいと言うことで終了、散会した。

TOP
Copyright © HARA GROUP. All Rights Reserved.